実績を問われることがある

WEBDESIGN

webディレクターの求人に応募するにはいくつか気をつけましょう。実績を問われることがあるので、自己PRとなるものを用意しておくといいかもしれません。また、経験者がだいたい採用されます。スキルの高い人はお給料も上がるはずです。

詳しく見る

仕事探しはインターネット

タクシー

仕事を探す際、年齢が高いので仕事はなかなか見つからないなら、タクシー運転手求人がおすすめです。この仕事は年齢はあまり関係なく働くことができます。寮付きの仕事もタクシー会社によっては存在しています。インターネットの求人情報サイトを利用すれば、タクシー運転手以外にも魅力ある仕事が探せます。

詳しく見る

電話オペレーターの仕事

オペレーター

コールセンターの求人に応募する際は、代行業者がおすすめです。代行業者なら従業員の教育も行き届いているうえ、数多くの業種から仕事を引き受けているのでその分多くのスキルを身に付けることができます。それが今後のコールセンターのオペレーターとしての仕事にプラスに働くはずです。

詳しく見る

大切な仕事の探し方

タクシー

インターネットの求人情報サイトを利用すれば、希望する東京のタクシー会社に転職するときに、会社の社風や人間関係までチェックしてもらえます。これはとても大きなメリットであり、会社の細かいところまでわかれば、安心して就職や転職ができます。

詳しく見る

やりがいがある

履歴書

貿易事務の仕事は一般事務よりもスキルアップを期待できることもあり、とても人気があります。また、やりがいを感じられることでしょう。主に海外とのやりとりをするからです。決断力や行動力も問われることがあります。

詳しく見る

資格はあれば有利

女性

交渉事が主な仕事

貿易事務はまず貿易のいろはについて知っている事を求められます。個別の相手先は違っても、貿易事務とわざわざ名前が付くほどですから、一般的な事務とは違ってやるべき仕事というものがある程度決まっています。どんな仕事があるのかを知っているというスキルを証明するには、通関士などの資格を持っていると就職にはかなり有利です。通関士は税関職員になるための資格ですが、何も税関を目指さなくても資格は取得できるので、貿易事務になりたい方にはおすすめの資格です。また貿易事務で行う仕事は、取引相手や船会社・保険会社など輸送関係の会社、銀行など決済関連の相手先、そして税関との交渉事があります。交渉事といっても駆け引きなど難しい話ではなく、荷物を無事に輸出入するための一連の手続きを滞りなく行うためのルーティーンな作業です。ただ、貿易事務にはかなりの厳密性が求められます。例えば数字ひとつの間違いがあっても荷物は動かなくなってしまい、国内では何とかなる事でも輸出入ではどうにもならなくなってしまうので、きちっと仕事が出来る人が向いています。そして貿易事務の仕事のほとんどは英語で行われますので、英語のスキルは必須です。ビジネス会話が出来る程度の英語力があれば申し分ありません。TOEICなら600点程度は求められます。ただ、貿易事務特有の単語は仕事を始めてから覚えても大丈夫です。一度覚えてしまえば後は繰り返し使うだけですからそれほど苦にはなりません。

株式会社日本総合ビジネス

転職はもちろん未経験から始める人も増えています。東京でタクシーの求人をお探しならこちらで募集要項を確認してみませんか。